スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もうすぐコンクエ

バトルラインの開発ディレクター矢古さんによるとバトルラインコンクエストのテスト版公開は今月末だそうです。

なんでも新AIのチェックの段階だそうだとか。

まあどんなにチェックしても問題は出てくると思うのでそこから少しずつバージョンアップして今冬正式版という感じになるんでしょうね。

正式版にはやっとストーリーモードも実装されるようで、楽しみにしていた人には朗報ですね。

ただ、まだコンクエの公式な発表の場がないのは…人手不足なんでしょうか。

上に書いた情報はTwitterで拾ったものです。開発公式ブログ非公式開発ブログクリムゾンさんのブログ、Twitterと情報がばらけてしまっているのでちょっと不便ですね~。

まあその内公式サイトができるのか、それともバトルライン公式をコンクエ仕様に変えてしまうのかわかりませんが、多分こっちの方も今月末にはわかりそうですね。

今のユーザーはどうするんでしょうね~。多分大半が移行すると思いますが、とりあえず安定版が出るまで今のバトルラインをやるという人も中にはいるかも知れませんね。

私はコンクエが出たらすぐに移行するつもりです。今からどの国に所属しようか考えてます。

だからそれまでの間は結構なペースで今のバトルラインをプレーしてますよ。


最近のお気に入りデッキはこんな感じです。
(デッキ公開にしてあるので対戦した人はわかると思いますが)

【新型?デッキ】
新型グッドスタッフ

英雄以外は普通のグッドスタッフのデッキですね。やや戦術多目のユニット少な目ですが。

このデッキのこだわりポイントは英雄です。

特に新ゼリグを動かすことを意識して組んであります(戦術が多いのもそのためです)。

他の英雄もパトリー以外は同名別タイプのものがありますが、あえて新ミョムト、新テジロフ、新トーファイを入れてみました。

ぶっちゃけ英雄は全部旧タイプの方が安定すると思うんですけどねw

でも新ゼリグは使ってて面白いです。パトリーとの相性もいいですね。

こちらが戦術を使えば勝手にATCが2上がるので2つ使えば突貫の対象になり、突貫を使ってさらに+2ですから大抵のユニットは突貫で突き抜けることができます。
(フリーファイトなら1枚で突貫の対象になります)

それでいて戦闘力も4あり強行軍の対象にもなるので敵陣に入ればかなり相手をかき回すことができます。

相手は挑発で直接ぶつける以外だと戦術を使うたびにDEFが2上がり、射撃でも落ちにくいのでこのユニット1枚でかなり戦術を消費してくれることが多いです。
(ただし、戦術英雄のスキルには反応しないので旧ゼリグ、ワンドラ、ラムセスを使われると普通にやられることも多いですけどね)



使い方としては新ゼリグはどんどん前に進めていって相手に戦術や英雄をたくさん使ってもらいます。
(もちろん制圧が狙えるならそのまま制圧します)

その間に他のユニットで攻めるか、新ミョムトを案内人で中立地帯に持っていってパトリーで押してその後はそのまま電車道というのが勝ちパターンですね。

テジロフはほぼ延長用、トーファイも大型ユニットで攻め込まれた時のために後方に置いておくことがおおいですね。

新トーファイはピリカを1人で倒せますし、なによりコスト0なのでとりあえず布陣だけはしておくことが多いです。

怖いのはユニット事故ぐらいですかね~。

バンディットを場もちのいい槍兵か剣兵に代えてもいいでしょうね。

戦術を削るとすれば無駄になる可能性の高いテストゥード陣形かフリーファイトでしょうけど、このデッキでは新ゼリグを思い切り使いたいのであまり減らしたくないですね。

となるとあとは食料ですけど、早めに案内人を使える状態にしたいのでこれも12枚で適正だと思います。


まあ、このデッキを使う人は自由にアレンジしてくださって結構ですけどね。

嵐のラッパ吹きや突風の魔法使い、結界術師を数枚入れておいても面白いと思います。



さあ、コンクエまであと数日、楽しい対戦をしましょう。

ロビーで見かけたら適当に相手してやってください。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーサイト
[ 2010/09/26 18:25 ] デッキ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://regeski.blog106.fc2.com/tb.php/98-de8c9653










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。