スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いなくてもなんとかなるもんです

少し前の話ですが、保坂さん主催のFNBL制限大会で、様々個性的なデッキが出てました。

英雄評価点の合計は最高が上限の30点で、最低がいまゆしさんの作ったデッキの10点でしたね。


大会終了後、次回のためにと評価点の一覧を見ててふと、

「最低点でデッキを組んでみたらどうかな」

英雄1人につけられた最低点は2点ですが、この大会のルールでは英雄は5人までで、4人以下でもかまわないのです。
(事実、ケンボーさんは旧ゼリグ1枚だけでしたしね)

ということは最低点は英雄0人の0点デッキになりますね。


思いついたら即実行!というわけで作ってみました。

実際に何度か対戦して結構勝てるデッキが組めたので紹介します。


英雄は一般兵にないスキルを持っていたり、一般兵より強い戦闘力を備えているのでそれを抜いてしまうというのはかなりのハンデです。

まずメイン兵種は剣にしました(というか剣単です)。

斧は生存率が低いので英雄なしでは攻めにくい、槍は英雄なしでは攻撃力が心もとない、騎兵はやっぱりスタリオンがいないと辛い、弓は英雄がいないと相手の大型ユニットを止められないというわけバランスの取れた剣兵を選びました。

でも魔兵は英雄なしでもいけそうな気もします(上手く召還獣と魔兵をバランスよく引けたらですけど)

無兵種もいけるかな?数的に単兵種デッキでは厳しいでしょうけど他の兵種と組めばいいような感じがします。

単兵種デッキにしたのは、メタられる可能性よりドローの安定性をとった結果です。

ではデッキを見てみましょう。

【俺たちが英雄(ヒーロー)だ!】
英雄なし剣

まあ見たところなんの変哲もない剣単デッキなんですけど、なぜか勝率がいいんですよね。

戦い方は剣民兵、老兵、魔法剣士以外はどんどん前進させていきます。

食料が貯まり次第、パラディンやインペリアルガードも出していきます。

相手が1コス一般兵だからと戦術を出し惜しみしている間に敵陣にどんどんユニットを送り込んで押し込んでしまいます。

ただし、延長が近づいたらフェンサーやインペリアルガードなどのユニットを温存のために自陣に戻すのもありだと思います。

積極的に攻めますが、基本は延長型のデッキですね。

延長を有利にするために敵陣を埋めるという感じで戦うといいんじゃないでしょうか。

作った当初は千剣の騎士で押すつもりでしたが、そんなに活躍してないですねw

1コス部隊で速攻をかけてパラディンでとどめ、という形が多いです。

大盾剣兵が相手の尖兵あたりを止めてくれるのが効いてます。

後は魔法剣士の使いどころでしょうか。

剣メタや毒牙の工作員から守るのにつかったり、コンビネーションを防いだり、召還を防いだりと、英雄のいないこのデッキでは切り札的なカードですからね。
(コンクエでは魔法剣士は魔兵になるのでこのデッキは使いづらくなるでしょうね。というか英雄枠拡大するらしいからもう勝てないかも)


このバージョンのバトルラインもあと少しでコンクエストに移行してしまいますし、普通のデッキに飽きている人は是非「英雄なし」にチャレンジしてみてはどうでしょうか?
スポンサーサイト
[ 2010/09/03 22:33 ] デッキ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://regeski.blog106.fc2.com/tb.php/84-b2e37cd5










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。