スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

公開するタイミングを失ったので

以前いまゆしさん主催の第2回GSに私は「裏・コンシューム連合デッキ」で参加したのですが、その時の事前記事にもあったようにもう1つデッキを用意していました。

 

実はそのデッキは保坂さん主催の大会に使おうと思っていたのですが、保坂さんの大会が制限大会になったため、そのデッキをそのまま使うことができなくなりました。

 

コンセプトはそのままで英雄を変更して使用するという手もなくはなかったのですけど、結局新しく「Wスクラムデッキ」を作って参加しました。

 

しばらく大会もなさそうですし、来月にはコンクエストが公開されるということもあるので、今回ボツになったデッキを紹介します。

 

実はボツになった方のデッキの方がロビーでの勝率はよかったりします。

 


まあデッキの面白さには欠けるので大会に使わなかったことには後悔はないですけどね。

 


 

それではデッキ内容をお見せします。

 

【3段爆破デッキ】

3段爆破デッキ 

テジロフ、バクドウ、大洪水と、複数ユニットを倒せるカードが主役なので「3段爆破」と名づけましたが、爆破はバクドウだけですねw

 

一般兵でもグレネーダーが複数攻撃できます。

 

その他のユニットは攻撃力重視で選びました。

 

戦術に強化戦術や突貫、強行が入っていないのは延長戦での決着を基本にしているからです。

 

そういう意味では私の中では異質なデッキですね。

 

強化戦術はありませんが、ハスカールや不死身の棍棒兵はATCを上げるスキルを持っているので奇襲的に攻め込むこともあります。

 

戦い方としては多めに入れた斧兵による消耗戦と上記の「3段爆破」で相手のユニットを減らして延長はプルルとバルザックで敵陣の薄いところへ攻め込むのが勝ちパターンです。

 

ベルセルクやミスリルアックスなど攻撃力の高いユニットは相手が迂闊には近づけないのでにらみ合いになることが多いですね。

 

したがって後攻をとって延長を有利にした方がいいと思います。

 

このデッキはその性質上ウィニーや魔兵なんかにはかなり強いです。

 

反面、守りは薄いので速攻でコンボを決められると苦しくなりますね。

 

ドローを重視してグレネーダーか棍棒兵をライオット兵かパイクマンにした方が相性いいかも知れません。

 

その場合だと食料を1枚減らして心強い味方を入れることもできますね。

 

私はこのデッキを作る時にまずアホ毛ことグレネーダーを活躍させたいと思って組んだのでこの形になりましたが、実際グレネーダーはこのデッキではなかなかいい働きをします。

アホ毛(いまゆし画伯作)

 あほげ~1

いい笑顔ですねw


相手は序盤はバンディットや尖兵など戦闘力1のユニットを出してくることが多いので上手く爆発を狙えます。

 

相手が剣デッキだったりすると洪水要員ですけどねw

 

 

やられると厄介な攻撃を主体としたこのデッキ、一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト
[ 2010/08/22 21:57 ] デッキ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://regeski.blog106.fc2.com/tb.php/71-7b9cc4ea










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。