スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

制圧のススメ

バトルラインというゲームはどうしても延長になりがちです。

延長までは戦術を使い主力を温存し、最終ドローターンに一斉に配置して押しきるという戦い方がもっとも無難で一番見かけるのではないでしょうか。

しかしあえて私は延長前の制圧勝利を目指したいと思ってます。


「延長前決着のいいところ」

・戦術をフルに攻撃に使える

・相手が守備に戦術を使ってくれるので致命的なコンボをくらいにくい

・早く対戦が終わるのでたくさん遊べるw


特にバトルエボリューション以降、攻め有利な傾向があるので皆さんもガンガン攻めてみるのもいいですよ。



「延長前決着のための戦い方」

1.あらかじめ制圧パターンを決めてデッキを作る。
2.ドローブースト、食糧ブーストできるカードを有効に使い、早めにユニットをそろえておく。
3.中立地帯には長居しない。
4.2体以上のユニットで相手陣に攻め込む。


は突貫や強行で2列目から制圧する方法、コンビネーションやピリカチェンジで倒されにくい状態で王手をかける方法なんかがあります。他にもあるので色々ためしてみるといいでしょう。

は英雄を活用するのが一番簡単でしょう、ネルやレイダは入れておいて損のないカードです。またアンプッシュや挑発を使う時はできるだけ尖兵やハイランダー、山賊などが攻撃できるようにしましょう。

中立地帯は一番危険な場所です(ちなみに2番目に危険なのは自陣2列目です)。相手の手札枚数を見て洪水がありそうか予測して進軍しましょう。相手のアンプッシュがきてもカウンターが取れるように後ろにユニットを1体以上つけておくのがベストです。パイクマンやイベリンなど倒されてスキルを発揮するユニットはどんどん前に進めていきましょう。

は3を満たしながら行うのは難しいですが、戦術や俊足・準俊足持ちユニットを活用して相手陣でも数的に優位に立っておきたいものです。1体が倒されてもう1体で制圧できればOKですし、2体を1ターンで同時に倒すには相手は戦術を使わざるを得ないのでこちら側が戦術でボロボロにされる確率を下げられます。



ここまでくれば制圧は近いです。用意していた必勝パターンを完成させましょう。

え?キーカードが引けない?

まあよくある話ですがそんな場合でもできるだけ前線を維持している方がよいと思います。

速攻持ちのユニット以外は配置してから攻撃まで1ターンかかりますから出せるユニットはやられにくい槍か大型に限られてきます。相手がその場しのぎにコストオーバーして配置したなら無理せず破棄を待ってもいいですし、槍兵は防御力は高いですがこちらが倒される可能性は低いわけですから押し込んだ状態を維持して相手がそれ以上ユニットを出せない状況を作り出せます。

したがって攻め続けた方がキーカードが引けず延長になってしまっても有利に戦えると思います。



思いがけず長文になってしまったので今回はこの辺で、

機会があれば今度は実際にデッキを使って制圧までの勝ちパターンを紹介したいと思います。
スポンサーサイト
[ 2010/05/20 07:42 ] 戦術論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://regeski.blog106.fc2.com/tb.php/6-181ca771










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。