スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏休みデビューのあなたに

最近ロビーに見かけない名前の人が増えました。

長くやってる人の割合が減っただけかもしれないですけど、セガチュー完全版の効果で初心者の人が増えたのでしょうか?

だとしたらいい傾向ですね。

コンクエストに向けてバトルライン人口も増えて欲しいものです。

今回はそういう、「対人戦デビュー」の人達へ、シングルモードとは違う対人戦で勝てるデッキの作り方を紹介します。



その前に一つ報告

リンクが増えました。昨日のアンケートを作ってくれたzanさんのブログ「zanの玲瓏 バトルライン」です。

なんでも空を飛べるらしいですw


では実際に デッキを組んでみましょうか。

私の場合延長前に制圧を目指すことが多いので、今回もその前提で、でも万が一延長に入っても戦えるデッキを作りましょうか。

延長前での制圧については以前の記事にも載っているので参考にしてください。


今回は「コンビネーション状態で王手」「1列前から強行軍で制圧」を狙います。


私の場合まず食糧を入れます。

あれもこれもとカードを入れた結果食糧を入れるスペースがない、なんてことの防止策です。

基本は13枚ってところでしょうか。これより少ないと食糧事故の可能性が高まりますが、デッキによって基本の13枚より少ないものもあります。

どうしても食糧事故を回避したい場合は15枚ぐらいにするといいと思います。



次に英雄を決めます。

今回はコンビネーションを狙えるように出来るだけ剣兵、槍兵、斧兵の兵種がついているものから選びます。

ただ、強行軍を上手く決めるためにゼリグ(旧)を入れておくと攻めやすくなるので入れます。

後は好き好きなんですけど、延長も考えて、

ミョムト(旧)、クリスタル(槍)、ロクマ、サキラ

と入れてみました。

後ろ2人は複合兵種なので(ロクマは覚醒が必要ですが)コンビネーションデッキによく合います。

どちらも覚醒するユニットなので積極的に出して、チャンスをみて覚醒させましょう。

ロクマの場合は戦術を使って相手ユニットを倒すか、やられやすい味方一般兵(バンディットとか)の後ろに置いてカウンターを取るといいでしょう。

サキラは既に斧兵槍兵が場に2体以上いる状態で出して、布陣即覚醒が理想ですね。

斧兵はやられやすいので、条件がそろっているならコストオーバーで出してもかまいません。


前2人は言わずもながの強力ユニットです。

ミョムトはその移動力が活かせる延長戦で使いたいので、出来るだけ手札にあっても残しておく方がいいかも知れません。

クリスタルも終盤から延長にかけて出した方がいいでしょう。

ただ、コストオーバーでゼリグを使った時や、明らかに次のターンでやられそうなユニットがいるときなんかはそれらを生贄にして布陣するのもいい使い方です。


次に一般兵を入れます。

コンビネーションデッキの場合、やられやすい斧兵を他より気持ち多めに入れておく方がいいです。

また、今回はサキラを覚醒させたいので槍兵も多めに入れます。

こうなると剣兵は必然的に他より少ない枚数なので大事に扱いましょう。

1枚だけ手元に残しておいて、コンビネーションを使うタイミングで布陣するのもいいと思います。

今回は一般兵はドローユニット中心、1コスト兵中心でいきます。

ドロー補助はシングルモードよりも重要です。シングルと違い相手も戦術を使ってくるので早めに沢山ドローして重要なカードが手元に来るようにしましょう。

また、コストの低いユニットは序盤から配置しやすく、使い勝手のいいものが多いです。

2コスト以上のユニットはそれぞれ癖があるので対戦になれてきてから使うのが無難でしょう。



次に戦術を入れます。

今回はコンビネーションと強行軍の他は挑発・アンプッシュ・戦術的撤退・発見された遺跡、ゲリラ戦術を入れた基本的な構成です。

一般兵がコスト1ばかりなので今回は食糧を1枚抜いてゲリラ戦術を入れました。

これで全てのユニットが強行軍の対象となります(サキラは覚醒が必要ですが)。

また、ゲリラ戦術は強行のためだけでなく、ATCの低い槍兵などでの攻撃や、防御(特に射撃)にも使えます。

あと、知らない人もいるかもしれませんが、ゲリラ戦術を戦闘力3以上のユニットに使うことも出来ます。

戦闘をしかけ、戦闘力2以下の状態にすると普段は使えない戦闘力3以上のユニットも条件をクリアします。

たとえばクリスタル(槍)を戦闘させ、戦闘力を2以下にしてゲリラ戦術を使うと次の相手のターンの間は戦闘力がプラス2されて9となります。

あまり使うことはないかもしれませんが、覚えていて損はないと思います。



これでデッキ完成です。実際に見てみましょう。

【試作デッキの例】
コンビネデッキ 

後は実際に動かしてみて微調整しましょう。

戦い方は積極的に攻めていって条件がそろったらコンビネーションもしくは強行で大丈夫でしょう。

槍兵を先行させてその後ろに斧兵を置くと前進させやすいです。

例外はバンディットで、出来るだけ早く中立までもっていきます。

バンディットはシングルのミッションモードではそれほど重要ではないのですが、対人戦ではいかにドローできるかが重要なので、私は大抵のデッキに入れています。

また、バンディットの動かし方についてはshadowさんのBattleLine講座が参考になりますので、バンディットをあまり使ったことのない人は見てみるといいと思います。



私はデッキが出来たらすぐオンライン対戦で試運転しますが、ミッションモードの「真コンシューム連合」で試す人もいるようです。

数戦して事故が多い時は食糧やユニットを増減させてまた数戦しての繰り返しで自分の使いやすいデッキにしましょう。

調整する時は兵種やコストのバランスが崩れないように気をつけましょう。

射撃にどうしても弱いな~と思ったら剣兵をパラディンや老兵に代えてみるのも手です。

また、コンビネーション要員が上手くそろわないことが多ければロクマやサキラをデッドランやアダマスに代えてみてもいいでしょう。



また機会があれば他のデッキの組み方も紹介したいと思います。




では、健闘を祈ります。
スポンサーサイト
[ 2010/08/02 18:30 ] 戦術論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://regeski.blog106.fc2.com/tb.php/51-2375b177










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。