スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハーレムナイトリベンジ パトリーの逆襲!

 先日のハーレムナイト・バトルラインではまったく活躍できなかったパトリーですが、本気を出すとこんなに強い!

というところを見せたいと思います。
とはいえハーレムナイトの時とは違い男性英雄も入ってますが。

 イケイケパトリーデッキ
パトリーデッキ

パトリーと相性のいいユニットで固めたデッキです。
最近ではパトリー=斧突貫警戒といっていいぐらいなのでその他の攻撃もできるようにしてあります。
このデッキだと突貫はバンディットや旗持ち斧兵での奇襲や尖兵の2枚ドロー狙いに使います。
そして中立地帯確保のためにアサシンとブラックガードを採用。
パトリーがユニットを押した後のスペースを埋めるのにも役立ちます。
また、防御力が低いユニットが前にいるときなどはアサシン(ブラックガード)→ピリカチェンジで押す。
なんて攻撃もできます。
基本的にアンプッシュ、戦術的撤退はパトリーのために残しておいた方がいいでしょう。


英雄はピリカ、新ミョムト、ゼルバルー、フォスタを起用。
ピリカは上に書いた使い方の他に突貫した斧兵の上に配置(こっちの方が一般的かも)して、相手陣内で押し込んで行きます。

新ミョムトはフォスタ、案内人を使い中立地帯からパトリーで押します。
スプリントアックスの使い方と同じですね。
いきなり戦闘力10が相手陣に入ればめったなことではやられません。
もしやられたとしても相手はかなりユニット、戦術を消費しているはず。
そのまま攻撃の手を緩めないでいきましょう。


フォスタ(案内人)はミョムトなどの攻撃するユニットを運ぶだけでなく、旗持ち兵を飛ばして攻撃力を上げたり、パトリー自体を飛ばしたり、活用どころは色々ありますが、最大2回しか使えないので、自分の手札と相談して使ってください。

そしてゼルバルー
このユニットは弓には弱いですが敵陣に入ってしまえば攻撃力7級、防御も7というかなり優秀なユニットです。
見た目に反して挑発に強いというのがいいですね。
できれば戦術を使わず中立までもっていければベストですが、新ミョムトと同じような使い方もできます。



以前の記事
で書いた「中立には長居せず・敵陣に2対以上攻め込ませる」ことがやりやすいデッキだと思います。
制圧パターンも
・スプリント&案内人(フォスタ)で一気に制圧
・敵陣奥でピリカチェンジ
・新ミョムトでごり押し
・突貫と見せかけて強行(戦闘力2のユニットは良質な武具が必要ですが)
・相手がうっかりゼルバルーに挑発を使う(結構あったりしますw)
とかなり多彩でガンガン攻める人には向いてるデッキじゃないでしょうか。


今回は入ってませんがもっとスプリントを活かしたいという人はゼリグを入れるのもいいですね。
後はアサシン、ブラックガードがあるのでもっと剣兵槍兵の比率を上げてコンビネーションで押し込むというのもいいと思います。
その場合は英雄も兵種持ちの方がいいかも知れません。
また、戦術に一本道を入れて相手陣に入ったユニットの生存率を上げるのも効果的だと思います。
その他にもキーカードを引く確率を上げるためにネルを入れるという手もあります。


今回のデッキはあくまで1例ですので、皆さんもいろいろアレンジしてみてください。
そして

パトリーの強さ、魅力を実感してください!
スポンサーサイト
[ 2010/05/25 20:12 ] デッキ紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://regeski.blog106.fc2.com/tb.php/10-df556bb4










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。